無垢材について知っておいて欲しいこと

Home > クラポの家具について > 素材について > 無垢材について知っておいてほしいこと 

クラポでは「一枚板」の取り扱いはありません。
テーブル天板のような幅の広い板は、
無垢材を幅方向に貼り合わせた「はぎ合わせ板」を使用しています。

天然素材ですから、板の一枚一枚に個性があり、ひとつとして同じ表情のものはありません。
同じ素材、同じ仕上げであっても、完成した家具と、サンプルやサイトの画像でご覧いただいた家具とでは、木目や色の様子が異なる場合があります。

湿度や温度の影響を受けやすく、置かれた環境によって、伸びたり縮んだりします。
多少の伸縮には対応できる作りになっていますが、
極端に乾燥した場所、湿度の高い場所、温度変化の激しい場所ではお使い頂けません。
冷暖房器具から出る冷風、温風が直接当たらないように設置して下さい。
暖房器具の近くに置いたりして、家具が常温よりも高い温度にならないよう、ご注意ください。

小さな節が入る場合があります。
クラポでは、一概に節があることで家具の価値が損なわれるとは考えておりません。
それもまた無垢材ならではの個性としてお楽しみください。


お引受けできないことがあります

はぎ枚数は指定できません。
クラポでは、はぎ合わせ板を使用していますが、はぎ合わせ枚数については、特にお約束しておりません。
巾の広い板がきれいな板とは限りませんから、はぎ枚数にこだわることよりも、出来上がった天板がきれいなものとなる事を重視します。
もちろん、フローリング材のような狭い幅の板をたくさんはぎ合わせるような仕事はしていません。
およその雰囲気はサイトの事例写真から汲み取って頂ければと思います。

色味や木目の様子は指定できません。
「なるべくやさしい感じの木目を希望します」
「事例T-○○のような木目は避けて下さい」といったご要望にはお応えできません。

工房で板を選んで頂くことはできません。
原木の中から気に入った板をお選び頂くようなサービスはおこなっておりませんので、ご了承ください。
材料選びも含め、家具作りの全てをクラポにお任せいただいております。

突板(突板合板)について知っておいて欲しいことは→こちらのページ



Home News About Products Order Contact